お知らせ

季節のお話

舌下免疫療法について

体調がよいときがスタートするときには適しています!
スギは6月になり開始しました!

(説明とお薬の準備があるため当日導入はできません)

また治療の性格上 あせってするものではありません。

定期的に通院できない場合は開始はできませんのでご了承ください。

(薬のなくなる前に受診できることが必要です、お子様任せにならないよう

中学生も薬がちゃんとのめているかは見守りは必要です)

安心して維持の量に到達するとスムーズに継続できます。
なんらかの症状はほとんどでるので乗り切り方が個別指導する理由です。

口の中にアレルゲンをいれるので 矯正の治療で 抜歯がおわっていない

時期は スケジュール調整がいるので相談ください。

抜歯が何度かにわたって行われるので抜歯がすんでからをすすめています。

 

スギの治療も6月から開始で予約はスタートしています。
5歳以上で1分間舌の下におくすりを維持できることがまず条件です。

口でとけるタイプの新薬は2019年5月から1ヶ月の処方ができるようになりました。以前からのシダトレンは今後保険適応がなくなりますのでいまのうちに切り替えをおすすめします。
スギもダニの舌下免疫療法も最初は2週ごと、落ち着けば1ヶ月ごとに処方できます。長く続ける治療なので待ち時間を少なくするシステムで診療しています。(免役療法のみで他に大きなかわりがないならなるべくすぐおよびしていますが、診療の状況によりかわるのでご了承ください)

長期にわたり行う治療なのでまず外来でご相談ください。絵本の⑤にもとりあげます。5歳からできますが、個人により口の中の違和感などの症状も見られることもありみなさん微調整が必要です。毎日する治療なので、ある程度本人が理解していることが必要です。(落ち着いてお話をきくことができるお子様は、5歳でも上手にできています。)
開始日は最低30分は観察がいるので詳しくは受診のときに相談ください。
平日導入は風邪のお子様がいない時間で予約制です。土曜も導入しています。
この治療のコツは違和感を減らしていかに続けるかなのです。ひとりひとり背景も程度も違うので相談ください。症状が心配な場合は火曜木曜のアレルギーの外来での導入をすすめております。