お知らせ

季節のお話

9月21日 季節のお話  ぜん息注意 アーモンドもついに!

アーモンドもアレルギーの記載項目になるようですね。秋は実りの季節で観光地にいき外食も多くなります。ペースト状になったナッツ類はほんとうにわかりづらいです。記載あるとたすかります。

ぜん息の発作が風邪や台風の影響もあり多い印象です。朝は涼しくなりました。まだ夏風邪のアデノウイルス(咽頭結膜熱熱もなくても目やにが多い場合もけっこうあります)もありますし、RS やそうではなくてもステロイドの効果の乏しい入院を要するぜーぜーする気管支炎も多い印象です。季節は関係ない感じです。ことしのインフルAは 嘔吐ではじまったりする傾向です。

22日の日勤で葵のお手伝いにいっております。どうも調子が悪いときは利用してください。

インフルが怪しいときは来院時に教えてください。あまり早い場合はでないこともあるので熱があるから皆さんの検査をするわけではないことをご理解ください。

 

来院時に調子を伝えてください。熱がなくても苦しい呼吸は受付でいってください。

院内はすずのきカーニバルアート部門展示会実施しています。こどもさんたちのすてきな色使いがハッピーな気分にしてくれます。

運動会の練習もあるので熱中症もまだまだ注意です。

だらだら発作が続いて家でみている なんてことはすすめられません。夜眠れない ピークフローが安定しないなどは早めに受診を!

 

とはいってもはじめてのぜーぜーなどはなかなかわからないかもしれません。

べこべこしている呼吸は かなり悪いので要受診です。

気管支を広げるテープをもらっている場合は ぜーヒューするときには効果がありますが鼻からの咳には効果ないので診察が必要です。咳で吐くことがありますがその場合は気管支炎か肺炎になっていないかなど確認が必要です。咳戻しの場合は吐き気止めは意味がありません。

 

 

☆負荷試験は1ヶ月以降になるところばかりです。完全除去してないならある程度の情報をもとに食べられるものを増やすことができるので相談ください。診療時間の限りがあるので診療の状況により後日の受診をお願いすることもあるので後近いください。

ブランクがあると以前たべていても激しい症状があるのでかなり慎重さが必要です。

耳鼻科とお薬が、かなりかぶりますのでお薬手帳は必ずご持参ください。ジェネリックで名前が違っても同じ成分や同じ種類のくすりが多いです。処方されたときに院内調剤であるとスルーされて倍量のんでしまっていることがあります。必ず持参ください。

スギの舌下免役療法の導入は来年にむけての治療ですが6月から開始しました。どんな治療であるかなどご希望あれば説明しております。是非お声かけください。現在は1回目の薬が不足しているため入荷待ちになることが予想されます。

ダニの舌下は予約はできます。先に開始してあとからスギというお子様もいます。

(ゆっくり栄養指導などの時間はひとり30分かけて行っています。現在10月のご案内です。

院内の診察室では 経口補水のサンプルや日焼け止めや液体ミルクなど展示しています。アレルギーの表示のみかたも実際のものをみるとよくわかります。

 

新刊のお知らせ

仮面ライダーゼロワンはいりました。

おしり探偵 新刊 8月下旬のもの 入りました。

トイストーリー4 あります。

学校で教えてくれないシリーズ26.27 自由研究 発表の仕方

みんな 真剣によんでいます。

ゾロリの 宇宙の本 も はいりました!

 

2019年の 課題図書 ことしもあります。読書感想文はお早めに。

 

サバイバルシリーズ アレルギー 1.2 もあります。人気が高く新刊ではないような読み込み具合で驚いています。

その他、リュウソウジャーなどもみんなの人気です。