お知らせ

季節のお話

スギ花粉症の舌下免疫療法 導入は6月から11月末ごろまでです。ダニは体調いいときに開始できます。コツコツ定期的におくすりがなくなる前に毎月受診が必要です。

スギ花粉症を発症しているお子様も 多いです。

マスクをしているのにこんなに。。。。していないコロナ前ならもっと

影響をうけているのかと思います。

スギ花粉症の舌下免疫療法を開始したみなさんは1年目から効果を実感されている人が多いです。

ヒノキはちょっとつらいわ。というぐらい効果がみられる人が多かったです。

体調がいいうちに 導入したいので 気になる場合は 診察時に相談してください。

初回導入は 予約制で 30分院内待機もあります。

はじめる前に いろいろ資料もおわたししております。

はじめてからも毎月の定期通院が必要です。

以前に比べオミクロン株はのどの痛みなど炎症がのどにおこることもあるせいかコロナウイルス感染で違和感の訴えがでてくる人もいるため個別で対応が必要です。

他のくすりとはやはり違い免役に働きかける薬であると あらためて思います。

コロナの関係で長期にだしてほしいといわれますが、すこし多めに処方していましたが、定期通院がおろそかになってくすりを忘れがちの人も多くなっており通常どおり1ヶ月ごと 処方としています。

体調により 維持していたのですがアレルギー症状がでてしまい中止になる場合もあるので

定期的な通院が必要です。(アナフィラキシーをおこすことは少ないですがありますので毎月確認しながら処方となります。あまりにもわすれることが 多い場合は処方できないです。)

15:20分ごろ 来院の枠もあります。午前でも可能です。

16時に薬局もあきますので 相談してくださいね。