受診される方へのお願い

受診の際には。。。

はじめての方へ熱があっても診察時さがっていることがありますが、感染予防をできる範囲でしておりますので受付で 熱があったことを必ず伝えてください。診察もはやめにしています。

待つ場所が限られていますが、熱のないお子様とできる範囲で分けています。

保険証、乳児医療証、お薬手帳など必ずご持参ください。保護者の退職後は無効なので個別で返納していない保険証は使えません。(退職前日までしかつかえません。)持参されない場合は自費扱いになりますのでご注意ください。保険証がない場合は乳児医療証も無効で自費です。

以前したことのある検査の結果は参考となりますので持参ください。

おたふくかぜ(耳の下やあごの下のはれがある)水ぼうそう(水っぽい発疹がある)、熱(前の日にでたなど)、咳(ヒューヒュー、呼吸が苦しい)、胃腸風邪の症状(吐いたり、下痢など)ある時は受付で教えてください症状に応じて順番よりもはやめに診察しています。

(インフルエンザの接触があり怪しいときも事前に教えてください。)咳のある場合はマスクの着用もお願いします。

予防接種でお越しの際は、必ず母子手帳もご持参ください。ない時は接種できません。

アレルギーの症状で受診される初診の場合は診察終了時間の1時間前までの来院でお願いします。学会などで、受付終了時間は変わります。

受付終了前までに院内で手続きお願いします。

食物アレルギーについて

採血だけでは除去していたものをたべてよい判断はできないので、結果を踏まえて負荷試験をしていくか相談することになります。
数値だけで以前に食べていても完全に除去してしまっていた場合は、より過敏になっていることもあります。

またすこしたべただけでも症状がでてしまう、過去にアナフィラキシー(重い症状がでた)場合は病院での日帰り入院負荷試験の対象です。
指示しているようにすすめていくことが、できない場合も自宅での摂取が進まないため負荷試験の対象です。紹介先に受診された2から3ヶ月後になることが多い状況です。

冬休み春休みなどは すでに埋まっているところもあります。

ただし病院により比較的早めに予約がとれるところもあり1ヶ月以内で可のところもまだあります。
紹介状だけでは受診できない病院がほとんどです。病院間でやりとりをする場合はお時間がかかります。
土曜日の来院では総合病院の予約ができないところがほとんどです。平日受診をお願いします。
来年2月の予約の病院もあります。負荷試験は病院により特徴があります。ニーズにあったところをご案内します。

何カ所かの病院はまず一般外来にかかりそこからアレルギー外来の予約をとるというところがあり、かかることでさえ1ヶ月先になるのでさらに負荷試験は半年後のところもあります。
負荷試験は通過地点であり、検査がゴールではないことを理解して受けてくださいね。
早めにある程度可能とわかることがメリットがあるため場合によっては市外にお住まいでも名古屋市内の病院をおすすめすることがあります。

ワクチン

ワクチン専用の時間の場合は比較的待ち時間が少なくご案内できます。
(問診票が記載されていない場合は記載後になるので、順番よりも遅くなってしまいます)

時間枠をすこし細かく変更しているので問診票はご自宅で記載をしてきてくださるようお願いします。
はじめての場合もあらかじめ問診票をとりに来ていただき、
記載していただいているとスムーズに進みます。ご協力をお願いします。

download (75)_php  ③表紙絵本も完成しました。
いろいろな病気を予防するためにお子様と一緒に読んでくださいね。

接種の時間は ワクチンの外来と 通常診療内とあります。
(通常診療の場合はワクチンのみならば、優先をしますが、症状により早く診察が必要なお子様が多いときはご了承ください。)

3歳未満で 水痘 2回めがまだな方はお早めにお忘れなく!

年長さん MRワクチン2回目は早めにしましょう!
就学時健診でお声かけもしました。

最近名古屋でまだまだ麻疹風疹がでているためお早めに!

忘れて1年生になってしまった場合も早めにしましょう。(自費になります)

体調がいいうちにワクチンはしましょうね。

10月からBCG、当院でも開始しました。
時間が限られているため9月のワクチン接種4種混合の3回目のときに予約を受付ます。しばらくは 単独での接種です。

レントゲン撮影ができないので自費かつ1歳すぎてツベルクリンから実施することは当院ではできませんのでご了承ください。

ワクチンの時間が限られております。
保健センターも1年間は移行期間ですのでご案内していく予定です。

 

B型肝炎は3回目をお忘れが多いです。

自費になってもワクチンは3回目をすることで より 免疫をつけることができます。

気づいたときに早めに接種しましょう。

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう